初めての投資信託

投資信託とは

お客さま(投資家)から集めたお金を大きな資金としてまとめ、運用の専門家が選定した、様々な金融商品に分散投資・運用する商品です。

お客さま(投資家) → [資金] → 投資信託(ファンド) → [投資] → 金融市場 金融市場 → [運用成果] → 投資信託(ファンド) → [解約・分配金・償還金] → お客さま(投資家)

投資信託のメリット・デメリット

メリット1
少額から投資ができる
投資信託では複数の投資家から資金を募るため、小口で始められるのが特長です。
メリット2
資産運用を金融のプロにお任せ
運用のプロであるファンドマネージャーが様々な金融商品から商品を選択し、お客さま(投資家)に代わって、運用します。
メリット3
分散投資し、リスクを軽減できる
一つだけの商品に投資をしていると、その商品でマイナス要因が発生すると、大きな損につながります。投資信託では、複数の金融商品を組み合わせて分散投資するため、個別の商品が持つ特有のリスクの影響を抑えた投資が可能です。
デメリット1
各種コストがかかる
各種コストがかかる
購入時や運用中、解約時などにコスト(手数料)が発生する場合があります。また、コストとして信託報酬が必ず発生します。
デメリット2
元本保証ではない
投資信託は、元本の保証がありません。運用の実績が良い場合は、購入時に支払った元本額以上の利益を受け取れる反面、運用の実績が悪い場合は、購入時に支払った元本額以下の金額になってしまう可能性があります。

投資信託の収益と手数料

投資信託は、運用損益とは別に、信託報酬や手数料などのコストが発生します。

投資家と販売会社の関係図

発生するタイミングなど 

リターン(収益)
名称 いつ 説明
分配金 決算時 基本的には投資信託の分配可能原資と呼ばれる資金の中から、投資家に支払われる金額。
運用益(譲渡益) 解約時 投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいっている場合は、利益が得られます。一方運用がうまくいかない場合もあり、その場合は投資した額を下回って、損をすることもあります。
コスト(手数料など)
名称 いつ 説明
購入手数料 購入時 お客さまが支払うコスト。
信託報酬(管理手数料) 運用中 運用や資産の管理などに対して発生するコスト。運用中に信託財産から日々差し引かれます。
信託財産留保額 解約時 投資信託を途中で解約する時に、ほかの投資家のために信託内に組み入れられる費用です。この留保額は運用会社や販売会社の収益とはならず、基準価額や分配金に反映されます。 解約時に信託財産から差し引かれます。
解約手数料 解約時 お客さまが支払うコスト。
  • 運用益などで利益となっていても、コストをすべて加味し、総合的に評価をした際、購入元本を下回る場合もあります。最終的な運用実績はトータルリターンにてご確認ください。

  • 投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。

投資信託のはじめ方

一般的な投資信託の売買までの流れです。

Step1
どの金融機関で開設するか決める
開設は無料でできます。金融機関によっては手数料や取り扱っている商品、取引ツールなどが異なります。
Step2
開設した金融機関に資金を入れる
ほとんどの金融機関は前金制を採用しているので、指定された銀行口座に振り込む、もしくはホームページ上にて銀行から資金を移動する手続きを行います。
Step3
商品を購入する
購入する投資信託の目論見書を閲覧の上、購入の意思は、インターネットや電話でも伝えられます。
Step4
商品を売却する
投信は基本的にいつでも売却できます。一部解約でもOK。商品の種類によっては一定期間、売却できない商品もあるので購入時に確認しておきましょう。

投資信託のよくあるご質問

投資信託の値段って?
「基準価額(きじゅんかがく)」と呼ばれるもので、投資信託の時価を指すものです。
解説はこちら 
  • 価額は1日1回更新され、投資信託の購入・解約などの取引を行う際は、この基準価額で取引が行われます。
    価額は、投資しているすべての金融商品の時価評価と利息や配当金などの収入を合わせた資産総額から、信託報酬や手数料などの必要コストを差し引いて純資産総額を算出し、これを投資信託全体の口数で割ったもの(1口あたりの資産額)で算出されます。
  • 基準価額(1万口あたりの価額)= 純資産総額 ÷ 総口数
閉じる 
分配金って?
投資信託を運用して得た収益を、投資家へ分配するお金のことです。
解説はこちら 
  • 決算日になると、口数に応じた額が投資家へ分配されます。
    なお、分配金は運用会社が決定するため、分配金が出ない場合もあります。
  • 分配金が支払われると、基準価額は減少します。
  • 分配金は、信託財産の中から、支払われます。そのため分配金が支払われると、その分信託財産(純資産総額)が減少します。基準価額は、その純資産総額を総口数で割っているため、分配金が支払われるとその金額相当分、下落します。 信託財産→分配金
閉じる 
資産が増えたか減ったかはどうやってわかるの?
トータルリターンで、最終的な資産の損益がわかります。
解説はこちら 
  • 投資信託購入時点から現在までの投資期間全体における累積分配金を含む損益のこと。
    トータルリターンは、次の計算式により算出された金額です。
  • トータルリターン = 評価金額 + 累計受取分配金額 + 累計解約金額 - 累計購入金額
  • 分配金が支払われると、その金額相当分の基準価額が下落するため、分配金を考慮したトータルリターンで運用損益を確認することが重要といえます。
閉じる 
口数ってなに?
投資信託の取引単位のことです。
解説はこちら 
  • 投資信託では、商品ごとに1口1円や1口1万円など予め決められた単位があります。
    基準価額はこの予め決められた口数の単位で金額が表示されます。

    例えば、1口1円の投資信託を、基準価額が12,000円の時に、10,000円分購入した場合、保有できる口数は、8,333口となります。
    もし、基準価額が8,000円の時であれば、12,500口保有することができます。

    なお、分配金を受け取る際は、この口数に応じた額が投資家へ分配されます。
閉じる 
いくらから始められる?
販売会社により異なりますが、100円から始められるところもあります。
解説はこちら 
  • 株式投資の場合は、主に1万円程度から取引ができますが、投資信託の場合は、100円と少額で取引ができる会社があります。
閉じる 
運用会社などが破綻した場合はお金はどうなる?
投資家が預けたお金は、すべて制度により守られています。
解説はこちら 
  • 投資信託は、販売会社・運用会社・信託銀行の3つの専門機関が役割を果たすことで成り立っています。

    販売会社は、取引の窓口となる機関で、投資家の投資資金は、販売会社を経由し信託銀行が信託財産として管理するため、 販売会社に万が一のことがあっても、信託財産には影響ありません。また保有していた投資信託は、別の販売会社に移管され、引き続き取引することが可能です。

    運用会社は、運用の指図を行う機関で、信託財産は保管していないため、運用会社に万が一のことがあっても信託財産には影響ありません。また、運用の指図も他の運用会社に引き継がれるか、繰上償還されることになります。

    信託銀行は、信託財産を管理していますが、信託銀行自身の財産とは区分管理(分別管理)することが法律で義務付けられています。そのため、信託銀行に万が一のことがあっても、信託財産に影響はありません。
    また、投資信託は、破綻時の基準価額で解約されるか、他の信託銀行に移管され、投資家は引き続き投資信託を保有することが可能です。
閉じる 
用語集はこちら新規タブを開く

投資信託をもっと知りたい方へ

売買のポイントや商品の選び方など、投資信託について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

取扱商品

ヤフーグループの投資信託商品をご紹介します。