安定運用したい方へ
Yjamライト!

投資初心者にもはじめやすい投資信託
会社の成長による利益と、債券の収入による組み合わせで安定運用を目指します。投資初心者にも始めやすいよう、コストも抑えた投資信託です。

Yjamライト!のデータ

  • 基準価額

    2018年12月14日時点

  • 10,107

    前日比8 0.08%

1年前に10万円
購入していた場合

損益-1,143(-1.15%)
2017年12月1日〜2018年11月30日

  • 純資産残高

    2018年12月14日時点
    1,551百万円
    前日比 0.00%
  • リターン

    2018年11月30日時点
    -1.15%
  • 直近の分配金
    0
  • 分配金利回り

    2018年11月12日時点
    0.00%
  • 次回の決算日
    5月10日

過去の目論見書一覧

  • 運用会社
    アストマックス投信投資顧問
  • 設定日・償還日
    2017年4月28日
    --年--月--日
  • 設定日からの最高値
    10,431
    2018年1月29日
  • 設定日からの最安値
    9,918
    2017年7月7日
  • 最低購入金額
    100円以上1円単位
  • 解約金額
    1円以上1円単位

取引にかかる費用

  • 購入手数料
    0.00%
  • 信託報酬等(税込)
    年0.6692%程度
  • 信託財産留保額
    0.00%

報告書・レポート

Yjamライト!の特長

これだけで世界に投資

国外も含む株式と債券をターゲット

Yjamライト!では、「株式」に加え、代表的な投資先である「債券」にも投資します。債券は、国や企業におカネを貸して金利を得る商品で、有名なものでは国債があります。日本だけでなく世界中の「株式」「債券」に投資します。

ダメージを抑え、安定状態をキープ

不安を取り除く3つの工夫

1.将来の為替を手当し、大幅な円高・円安による変動を回避します。
2.全世界のファンドの中から値動きの小さな銘柄を厳選しています。
3.値動きの異なる株と債券をブレンドし、安定をキープします。

低コストで資産形成をサポート

長く続けるほどコスパ良し

取引にかかる費用の信託報酬は、世界の株式と債券を主要投資対象とする同じタイプの銘柄(バランス型投資信託)の中でも相対的に、コストを低く抑えています。

期間:2001年11月~2017年2月(月次データ)

Yjamライト!をもっと詳しく

安定性を重視した運用方針

Yjamライト!の特長である、安定した値動き。それがどのようにして行われるか、運用手法をご紹介します。
閉じる
続きを見る

投資信託に関するご留意事項

投資信託の取引にかかるリスク
  • 投資信託は、国内外の有価証券など(株式、債券、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券など)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況などの変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更などにより基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
投資信託の取引にかかる費用
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料がかかることがありますので、手数料率は各銘柄の個別銘柄サイトをご確認ください。
  • 投資信託の保有期間中は運用管理費用(信託報酬)と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管などに要する諸費用などその他費用など(運用状況などにより変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。
  • 投資信託の解約金時に信託財産留保額がかかることがあります。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費などはファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書などをご確認ください。
その他注意点
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当該投資信託の基準価額算出の中止、または投資対象銘柄に関する取引所における取引の停止などその他やむを得ない事情があると委託会社などが判断したときは、購入・換金の受付を中止すること、および既に受け付けた当該申し込みの受付および約定を取り消す場合がございます。再度のご注文をご希望のお客さまは、改めてご注文をご発注ください。
分配金利回りについて
  • 分配金利回りは、過去1年間の分配金の累計額を、直近の基準価額で除して算出したもので、将来の利回りを保証するものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われなくなる場合があります。
  • また、分配金は、信託財産の中から支払われる為、分配金が発生すると、そのぶん信託財産(純資産総額)が減少します。基準価額は、その純資産総額を総口数で割っているため、収益分配金が支払われるとその金額相当分、下落することとなります。
  • 分配金利回り=過去1年間の分配金の累計額(税込)÷直近基準価額×100